薬剤師の転職も楽では無いのですよ

少し前の話になりますが、薬剤師の私は通算5 回目の転職活動をしていました。今回は転職に関して少し書きたいと思います。
5回を多いと取るのか、経験を買ってくれるのかは企業・病院それぞれ。
新卒から少しして結婚をした私としては、生計を立てるための手段として20代は転職活動をしていたこともあり、職種がバラバラというところがあるけれど、
正社員でこれから働いていくとしたら、勤務先も何かしら一本つながっていた方がいいんだろうな、と最近感じます。
前回は資格取得のために派遣事務で資金稼ぎをしていたのだけど、これも職歴に入ってしまう。
次回も派遣で、と考えていたが企業はさすがに見抜いてて、資格を活かした働き方はしないのか、と不採用を出してくる。
そうだよね、手の内を読まれているな、と感じます。
それであれば再度しっかりと考えて資格を活かせるよう転職活動の期間を取ろうと考えました。
そして履歴書が通った企業へ面接に行くのだけど、しっかりと志望動機やこれから取り組みたいことを伝えてこよう。
以前の派遣の面接で、参考になる質問があった。それは「あなたは5年後どのような働き方をしていたいですか」ということ。
正直その企業では5年後の私の姿は思い描けなかった。それは自分に合っていないということだろうし、企業側としても不要なのでしょう。
今も大事だけど、今後自分がどのように活躍していきたいのか、きちんと言えるように考えて挑むことが大切です。5回目の転職にはファルマスタッフの評判が良かったので利用させて貰いました。薬剤師の転職は薬剤師に有利言われているようですが、実際にはなかなか厳しいものです。

続きを読む

ばぁさんの口説き方

じいさんになっても、トクホンだけは手放さない人の気持ちが少し分かる気がしました。
どっかのおっさんが、東北の震災の時に、あんまや針きゅうしてやった方が、全然人のためになるなんて言っていましたが、僕も真面目にこの技術は、高齢社会には必要不可欠という気がします。
今から針きゅうを覚えておきましょうかね。
ばあさんを口説くのに良いかもしれませんね。
で、今日町行く女ども失礼女性を見ていて、普通の顔の女が多いなあと思いました。
女を特別視していた自分は一体なんだったのだろうかと、未だに思います。
なんか普通の家で半分ニートやっている自分っぽいニートな奥様方か、女性が多くて、顔ではないのだなとつくづく思いました。
あれでイケメンはないだろうと思いましたが、そういう普通の女性に好かれて、恍惚の絶頂に浸るのがイケメンなのだなあと、全くどうでもいい話ですが。
それはそうと、自分は今から針きゅうを学んでおいて、晩年、ばあさんを口説くつもりです。
よしえさん、ちょっとうちに来ないかい、わしは針きゅうやっていて、色んな人を助けてあげたんだよってわしなんて言いませんか。
ふう、コーヒー美味しいですね。

続きを読む

血糖値とサロンパスの関係

ああ何だかサロンパスだか、トクホンだか貼ったのに、まだ肩が痛いですね。
なんででしょうね。痛くて仕方ありません。
誰か助けてほしいと個人的に絶叫したい気分です。

小さな頃、親にもんでくれと言われて、理由が分からないキッズが、おじさんになると逆転するという世の中なのですね。
それにしても痛い、泣きながらタイピングしている自分って一体なんなのでしょう。

何だか頭の中で、踊るポンポコリンがぐるぐる回っています。
あの歌は良いと思いますが、歌詞がとても素敵だと思います。結構良い歌詞だと思いませんか。
愛してるーなんて歌詞より、全然良いと思いますよ。
何も考えない方が人生は楽だと結構思う場合が多くてですね、肩が本当に痛いです。

誰かトクホンの良い貼り方でご存知でしたら教えてもらえないでしょうか。
良い貼り方があったら、本当に教えてほしいです。よれよれになってしまうのですよね。キッズが親にトクホン貼ってあげるのは、親孝行ですよ。
本当に泣きが入るくらい痛いです。

血糖値が高いのでしょうかね。理由は不明ってか、パソコンのやりすぎなんでしょうね。
トクホン自動貼り機とか考えて欲しいと思います。

サロンパス
http://www.salonpas.jp/

そういえば、ドラッグストアにいったら、太田胃酸がありましたね。

あれいいですね。じいさんを思い出します。
「たろう、お茶お茶、太田胃酸あーげほげほ」ってお彼岸だからでしょうかね。何だか異様にその景色が蘇ります。

先日の話ですが、指摘されるまで、お彼岸だという事に気がつきませんでしたけど。
いつも忘れてしまうのですが、お彼岸って先祖が来るんでしたっけ、帰るんでしたっけ。

何はともあれ、帰ってきてほしくないご先祖様というのが、非常に母方は特に多いので、懐かしい思い出のみでいいです。
と言いますか、じいさんの話は、毎回親から聞かされていますけど、そういえば、前、叔父が祖父に似てきたという事を書いたような記憶があるのですが、母も祖父っぽいですね。

説教が延々と始まったかと思ったら、突き放し、お前は病気だ、いいかわかったかなどと、あの口調、やっぱり祖父の影響って二人の子供には強かったのだなと思います。
大変だったのですね、叔父も母も。お彼岸だかお盆では、ご家族でゆっくりと幸せな日々でも送ってくれれば後はどうでもいいです。

まあ一番は親父のサラ金伝説ですけど。そっちがリアルすぎて、お彼岸より嫌ですね。

続きを読む

プライド

哀れな人というのを、どう表現していいのか分かりませんが、自分に対して哀れだといつも言っている人と、自分はこうですから、なんて決めつけている人がいるとしたら、どっちかというと、後者の方が可哀想な気はしますね。

周りを見ていても、そういう風に、自己正当化をしてはいても、肯定感を曲がった感覚でとらえる人だとか、結局、全て周りのせいにして、仲良くしてくれる人に愚痴や文句を言う、騙す人を見極める能力がなく、甘い言葉に乗せられて、騙されてしまい、世の中が間違っていたという風に言ってしまう人ですね。

後者が哀れだというのは、他の分野に目を向ける事が基本的にしないし、自分のプライドが余りにも高すぎて、ついていけないのです。

プライドが高い人は、同じ分野で成功している人に近づきますが、内心では誰も認める事が出来ません。
詩人という人達がまさしくそれでした。他人の作品に、いつもこれは間違っている、これは芸術ではないと言っていました。

余りにも、自分が立派であると本気で錯覚している人達でした。
あの人達に、少しでも謙虚さや、物事の通りが分かれば良かったのですけどね。あの人達は常にエゴで生きています。

口では確かにいい事を言っても、結局行動が伴わないという人はいますが、全く行動していないわけではなく、踏み切れないだけです。
踏み切って、そこで間違いと認められない状況に陥っている人の方がある意味では大変です。

大体において、余りのプライドの高さに、自分はこうなのだ、だとか自分らしく生きているとか、そういう風にはき違えているのです。
本当は自分が常に人の上に立ち、世の中で王様や女王のような扱いを受けていないと生きていられない人達です。

そういう人に実力が伴う世の中が今かというと、僕にはとても疑問です。
その人達が、地に倒れた時、確実に自分は終わってしまったと反省も、自分を顧みる事もなく、そのまま人生を終えてしまうのでしょう。

そして、そういう人は、普通の人の気持ちが分からないというように、異様に自分を高く持ち上げているので、誰もついていけません。
ついていける人は、そういう人を利用する人です。

つまり、ウルトラマンだというのを自分が本当だと、常に思い込んでいて、世界が全く分かってない、いや目先の現実すらも分かっていないという人がいます。
彼ら、彼女らにどう接していいのか、分かりません。

http://m-78.jp/

結局、あの人達は、誰とも交流を本当の意味で結ぶことが出来ません。

常に見下さないと生きていけないのですから。周りが何だこの人と思っても、あの人達には、自分が称賛されている、間違いや誹謗は言った本人が悪いのだと、自分の本当の非を、必ず認める事が出来ません。

そこまでプライドが高い人が何でこの世の中に、ここまで出てきたのかは分かりませんが、あの人達と付き合って良い事は全くありません。
一つもないと言っていいでしょう。良い様におもちゃの様に扱われて、最後はバカにされこき下ろされる所か、同じような人達と一緒になって攻撃してきます。
変な人とは付き合わない方が絶対にいいです。

岡本太郎の偽物みたいな人は嘘だと思って下さい。
そういう社会に飛び込むと、常に地獄を見ると、僕でもよく分かりましたし、未だに僕を非難し、侮蔑する事によって自分を高めている人は沢山います。
やはり、親の発言が胸にしみこんでいます。

一緒にいて苦痛ではない人と接しなさい、と僕もそう思います。
そういう人が対人関係で、一番あなたと合っている人です。
傲慢であり、常に外見や学歴で見栄を張る人は避けた方がいいです。

続きを読む