GK005_L

食糧事情

余ったご飯をどう処理するかは意見が分かれる所です。
例えば先ほど書いたおにぎりもいいですよね。醤油でもいいですし、ふりかけを使って、作るのもいいでしょう。
本当に古くなってしまったら、チャーハンにするだとか、イタ飯もいいですし、余ったご飯を有効活用しようという考え方です。

捨ててしまうのが一番の問題です。第一勿体ないというのが、やはり先に立ちます。
作っている側から見れば、何で今炊いたのに食べないのだ、だから残るのだ、という発想のようですが、そう思わなかったり、朝起きて食べるのに時間がかかる場合もあるのです。

こういう思考の人は、常にNHKの健康番組を見ていて、朝はこれくらい食べた方がいいというのが完全にインプットされています。
間違ってない情報ですが、ある意味マインドコントロールに近いものがありますね。

http://www.nhk.or.jp/kenko/

これを徹底せねばと思い炊くわけですが、その後、余る事が常に想定外なので、残ったご飯を何故か捨てるか、ラップにしておいて、自分で食べるのです。
ラップにした場合、説教がしみじみと始まります。それが困ってしまうので、対処方法としては、謝る、聞き流すというのがあります。

GK078_L

キッズの頃、当然性の目覚めというものはあります。

今の変態が好むものより、大人の異性の愛を含めたとてもピュアなものです。
正直、40くらいになった人が見るくだらないDVDとかとは違っていて、とても、きれいな子供の恋愛像だと、僕は思います。

キッズはやっぱり変態のような恋愛を思い描きません。動画でしか見ていない人は、JKだとかそういう事を、今の若い子は考えるのだとか思うのかもしれませんね。
全部ではないですし、その年ごろって、やっぱり、色んな事をやってみたい年頃なので当然と言えるでしょう。

性とはそれくらい、日常のものですから、否定する気はありません。
ただ、やはりちっちゃな子供が裸を見て、色々思うのは暗愚な性欲ではなくて、素敵な大人への憧憬である場合が多いと思います。

僕の経験で言うと、きれいな女性が軽く薄着になって微笑みかけるという事をずっと空想していました。
6歳にもならないので、そういう性欲はありません。

ドキドキしている空想をしていました。
可愛いと思わないでしょうか。小さな子供の恋愛感情って、純粋で今のくだらない卑猥な漫画より、とても素敵な事だと思います。

続きを読む

GK123_L

食事の配給

今日のお昼ご飯は、おにぎりでした。

親父の配給にも助かっています。本当に食べられるだけで幸せです。
親父母の幸せを祈ります。とはいっても、本人たちも楽しんでいるようですし、良いとは思いますがね。
息子は余り活躍していないですし、ニート中年ですし、大して役にも立っていないと思うのでしょうが、そんな事は僕にはどうでもよく、二人が幸せでいればいいのですよ。

それにしても、今日は曇りですな。
何となく、ストーンズのジャンピンジャックフラッシュを聞いていました。
60年代の方の曲がかっこいいと思う方です。
今は妙にアレンジされていて、今のストーンズだとは思いますけど、時代を感じる音楽というのは変わりませんね。
ミックジャガーさんの歌声って変わりませんね。
声も変わらないといいますか、あれはかっこいいと思いますよ。
演奏は大した事はなくても、それなりにバンドとして、出来ている音楽って凄いですよね。

ああ、しかしラーメンとおにぎりとパンという、これは昔の配給と本当に変わりませんね。
食生活の事を意識しないというのが、やはりうちのスタンスでしょう。別に構いやしませんよ。いいんですよええ。

ニートにごはんが配給されるだけでも、幸せな話です。それがどれだけ、僕の生活に潤いを与えているのか、余人にはわかるまいと言いたい所ですが、親の愛もあるでしょうね。諦めもあるでしょうが。というか、ほぼそれでしょうけど。

もう何か障がい年金で生きていきなさいというシバキのような説教を受けています。
それはそれでいいですよ。ただ、親に長生きしてほしいとは思います。

単純に実家にいて、ご飯を食べられる、家賃、電気ガス無料これ大きいですよね。色々親父の方にも、ジンクスがあって、無駄もの買いをすると、何故かなくなっていたりして、きっと、ジンクスのままに、何か処理をしているのだと思うのですが、それはそれで買わなければいいだけの話です。

今日、設備の点検がありました。客間で熟睡していましたので、人がいた時はびっくりしましたが、もう20年くらい、ここの管理人室とロビーを勝手に使っているので、来る人達も理解しているでしょう。
ニート万歳、などとほざきつつ、何だか曇り空を見ていたら、人生、何をしたらいいのかと迷いました。

今は充電の時期です。同時にニートでも親孝行は出来ると思っています。

続きを読む