薬剤師の転職も楽では無いのですよ

少し前の話になりますが、薬剤師の私は通算5 回目の転職活動をしていました。今回は転職に関して少し書きたいと思います。
5回を多いと取るのか、経験を買ってくれるのかは企業・病院それぞれ。
新卒から少しして結婚をした私としては、生計を立てるための手段として20代は転職活動をしていたこともあり、職種がバラバラというところがあるけれど、
正社員でこれから働いていくとしたら、勤務先も何かしら一本つながっていた方がいいんだろうな、と最近感じます。
前回は資格取得のために派遣事務で資金稼ぎをしていたのだけど、これも職歴に入ってしまう。
次回も派遣で、と考えていたが企業はさすがに見抜いてて、資格を活かした働き方はしないのか、と不採用を出してくる。
そうだよね、手の内を読まれているな、と感じます。
それであれば再度しっかりと考えて資格を活かせるよう転職活動の期間を取ろうと考えました。
そして履歴書が通った企業へ面接に行くのだけど、しっかりと志望動機やこれから取り組みたいことを伝えてこよう。
以前の派遣の面接で、参考になる質問があった。それは「あなたは5年後どのような働き方をしていたいですか」ということ。
正直その企業では5年後の私の姿は思い描けなかった。それは自分に合っていないということだろうし、企業側としても不要なのでしょう。
今も大事だけど、今後自分がどのように活躍していきたいのか、きちんと言えるように考えて挑むことが大切です。5回目の転職にはファルマスタッフの評判が良かったので利用させて貰いました。薬剤師の転職は薬剤師に有利言われているようですが、実際にはなかなか厳しいものです。

続きを読む

キーパンチャーに憧れて

一日に一回、何も考える事なく、タイピング速度はどの程度なのかといつも考えています。

あの有名な寿司打では、かなり上位に入る事が出来ました。イータイピングはミスをすると、先に進まなくなりますので、寿司打の方が堅実だとは思いますね。
無駄な話をしながら、無思考状態で、たかたか打っていたら、うちのまる犬が、勝手にパソコンをタイピングしていました。上に乗っかって、そのまま通っていったというのが、実の所正解です。
そうですね、まる犬がした事は、日本語モードにした事です。ローマ字モードではないのですね。
困ってしまいました。以外とパソコンの事を分かっていないのです。プロトコルだとか、結構分かりません。

タイピングは速いけど、それ以外の知識は、ほぼないに等しいと自分でも思います。
とか思いながら書いていて、日本語モードって、何でもキーパンチャーの人達がやるものだとか聞いた事があります。
憧れましたね。キーパンチャー。今はタッチタイピングというのでしたっけ。
若かったら、絶対に憧れてやっていた職種です。

聞いた話、ただひたすら打ち込むだけというこういう仕事が僕には一番気楽なものだと思います。
取り敢えずキングジムのポメラで練習中ですよ。

GK123_L

何だか、味噌汁の良い匂いがしてきました。河原を若者が作っているのかと思いましたが、恐らく両親が味噌汁を作ったのでしょうね。
おにぎりには、確かに味噌汁です。

いいなあ、と思いながら全く味噌汁を飲んでない自分に気が付きました。
理由は飲むのが面倒という事です。美味しいとは確かに思うのですが、塩分が強いのと、薄味好きなので、そんなに飲みたいとは思いません。
いいなあというのは、心理的に矛盾というものでして、食べたいとは確かに思うのですが、体が受け付けないのです。
一番は即席の味噌汁って美味しいかというのもあるかもしれませんね。

何だかあれって、味噌汁という感じがしないのですよね。遥か30余年前、自分の家では、普通に味噌汁を作っていました。
出汁を入れて、具を入れて、味噌を入れるというだけの話ですが、この程度で作れるのですから、インスタントにしなくても、全然良いと思うのですよ。
僕なら少し自分で作っておいて、色々な風に食べますね。
よくいう味噌汁にごはんをかけるという食べ方にはまったのは、小さな頃でそれなりに食べ方として美味しかったと覚えています。
インスタントは理解出来ないですね

続きを読む